国内旅行保険付帯のクレジットカード

国内旅行でのケガや事故に対応する国内旅行保険付帯のクレジットカードをご紹介。

国内旅行に持っていくならこのカード!

年会費1,905円(税抜)で作れるゴールドカード。最短翌日の発行も魅力。

保険は海外・国内旅行保険及びショッピング保険付帯でその上航空便の遅延まで補償する充実ぶり。

ポイントプログラムも独自のルール。指定月はポイント1.5倍。利用額に応じて翌年のポイント付与率が最大1.5倍までアップとポイントマニアも納得の内容。

年会費 審査発行 ポイント 利用限度額
初年度 2年目以降 ETC 付与 還元率
無料 1,905円(税抜) 無料 最短翌営業日 1,000 = 1ポイント 0.5% 10万~200万円
保険 電子マネー 提携マイレージ
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング
2,000万円 2,000万円 100万円 - JAL
MUFGカード ゴールドをお気に入りに追加 申し込む

今なら初年度年会費が無料。使い方次第で翌年以降もずっと年会費が無料になるカード。そのため、メインカードとしてお買物その他生活のさまざまな場面で心強い存在。

特に保険の充実度は高く、海外・国内とも旅行傷害保険は最高3,000万円。ポイントが2倍になる海外利用では、年間で最高100万円のショッピング保険も付帯。その他、入会キャンペーンをはじめ、提携企業とのキャンペーンがとにかく豊富。特にオフィシャルスポンサーでもある東京ディズニーリゾートのキャンペーンはカード会員限定のものもあり大人気のカード。

年会費 審査発行 ポイント 利用限度額
初年度 2年目以降 ETC 付与 還元率
無料 1,250円(税抜) 無料 最短1週間 1,000 = 1ポイント 0.47% 公式サイトにてご確認ください
保険 電子マネー 提携マイレージ
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング
最高3,000万円 最高3,000万円 100万円限度(海外のみ) QUICPay JALANAデルタ航空
JCB一般カードをお気に入りに追加 申し込む

セゾン永久不滅ポイントが海外利用は2倍、国内利用は1.5倍と非常に貯まりやすい。

アメックスブランドのゴールドカードなので海外でのサポートが充実。海外、国内とも最高5,000万円の旅行保険と年間最高200万円のショッピング保険付帯。

その他、プライオリティ・パス付帯で国内外の空港ラウンジを利用できるほか(国内空港ラウンジは無料)、ゴールドならではのサービス、特典がアメックスとセゾンの双方でつくのでお得。

  • 新規入会で初年度年会費が無料!さらにファミリーカードも初年度年会費無料!
年会費 審査発行 ポイント 利用限度額
初年度 2年目以降 ETC 付与 還元率
無料 10,000円(税抜) 無料 最短3営業日 2,000 = 3ポイント 0.75% カード送付時に案内
保険 電子マネー 提携マイレージ
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング
5,000万円 5,000万円 200万円 iDQUICPay JALANA
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをお気に入りに追加 申し込む

T&Eカードの最高峰。セゾン発行の「アメリカン・エキスプレスカード」。

セゾンの「永久不滅ポイント」でマイレージは期限なく貯められる事ができ、JAL、ANA共にマイレージ移行が可能。

アメリカン・エキスプレスのサービスはそのままに旅行先でも国内にとどまることを知らず海外でもその強さを発揮してくれる。

トラベル、ダイニング、ショッピングなど10%~最大50%の割引が受けられる会員限定の優待特典が受けられる。

  • 新規入会で初年度年会費無料!さらに、26歳まではずっと年会費無料
年会費 審査発行 ポイント 利用限度額
初年度 2年目以降 ETC 付与 還元率
無料 3,000円(税抜) 無料 最短即日 1,000 = 1ポイント 0.5% カード送付時に案内
保険 電子マネー 提携マイレージ
海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング
3,000万円 3,000万円 100万円 iDQUICPay JALANA
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードをお気に入りに追加 申し込む

カードの保険。自動付帯と利用付帯とは?

通常、クレジットカードに付帯している保険には自動付帯と利用付帯の二つの種類があります。

自動付帯はカードに付帯した保険内容を自動で補償してくれます。逆に利用付帯のカードは、旅行代金の支払いをカードで支払っていないと補償されないなど一定の条件あります。

補償金額も含めて、利用付帯か自動付帯のどちらが自分の使用スタイルに合っているか検討してから選びましょう。

ゴールドカードでなくとも補償額をアップさせる方法

クレジットカードに付帯する保険はおおまかに下記の5つに分かれます。

①傷害死亡・後遺障害(障害で死亡、後遺症が残ってしまった場合)

②障害治療・疾病治療(病気や怪我をした場合)

③賠償責任(他人に物損・危害を加えてしまった場合)

④携行品損害(持ち物が紛失・破損した場合)

⑤救援者費用(家族等誰かに来てもらう必要が生じた場合)

保険の項目では①を基準に「最大1,000万円」といったような記載がされていて、この部分を最大限プッシュするので②から⑤については見落としがちです。

ここでお得情報。②~⑤は複数のクレジットカードを持っていれば、その補償金額が合算されるのです!

持っているカード1枚の補償金額の上限が少なくとも複数のクレジットカードを持っていれば補償額はアップ。ゴールドの年会費が高いと感じる方は、年会費無料のカードや一般カードを合わせてを2、3枚持っていれば補償額はアップします。

掲載クレジットカードの会社別一覧です。特定のカードについて調べたい方はご活用ください。
銀行系
信販会社
ガソリン
ネット・通信
航空会社
鉄道会社
小売店